「ストレスからスイーツをやめられない」メンタルをコントロールしたいときの一工夫

こんにちは!いつもご覧いただき、ありがとうございます。

新型コロナの影響や季節の変わり目で、不安定になっていいませんか?

こういう時こそ、カウンセリングを是非ご利用くださいね。

良くない方向にグルグル同じ考えを巡らせては、体調面に大きく出てしまいます。
心細いときは、色々お話して、前向き修正しましょう♪

また、カウンセリングで「克服ワーク」を受けてくださった方は、コツコツ続けてくださっていますか?

地味なことを「細く長く続ける」って、一番難しいと思いますが、続けられた人はしっかり改善に向かっているようで、とても嬉しく思います。

できたことをカウントして、できないときがあっても「また始める」でOK!

自分流を見つけながら軌道修正していけば、きっと良い変化をしていきますので、楽しんで取り組んでくださいね。

今日は、私のパニック障害・うつ・対人恐怖などからの完治体験に大きく影響があった、「スイーツとの程よい距離」について書いていきたいと思います。

甘いものはストレスと直結している

私がパニック障害等に悩まされていた頃、仕事は充実していたのですが、夕方になるとどうしても「甘いもの」を食べないと気が狂いそうになっていました。

皆さんにも同じような経験があるのではないでしょうか?

忙しいだけでなく、

・人間関係やプレッシャーなどのストレスがあるとき「甘いもの」でホッとしたくなる
・「自分にご褒美♪」とスイーツやお菓子、甘いドリンクを求めてしまう
・イライラを抑えるために、「甘いもの」を摂っている
・帰りのコンビニスイーツが楽しみ!

などなど…とーっても気持ちはよくわかります。笑

私自身、今でも「甘いもの」は好きです。

しかし、体調不良やメンタルで悩む人の多くは「スイーツ」「甘いもの」が好きなことが多いのをご存じでしょうか?

相談してくださるほとんどの方が当てはまる項目です。

甘いものが好きな方の特徴として、体が冷えやすかったり、不安やストレス、人間関係にに悩んだり、貧血や肌荒れ、髪質等からだの不調を訴える方が多いのです。

なぜ「甘いもの」が、不安やイライラ、体の不調の原因になっているのか、少し見ていきましょう。

砂糖は中毒性が高い

スイーツなど甘いものを摂ると気持ちが落ち着いてホッとしますが、その後は急激にイライラしたり、情緒不安定になることがあります。

特に一般的によく使用されている精製された白砂糖は中毒性が高く、体調面やメンタルの変化を大きくしてしまうようです。

甘いものを食べると、小腸で血管内に吸収され、血糖値が急上昇します。これを下げるためにインスリンを多く分泌し、糖をエネルギーに変えます。すると糖が一気に減るので、脳でも一気にブドウ糖(=脳のエネルギー源)を使えなくなってしまうそうです。この時にあらゆる「不調」がやってきます。

体が芯から冷え、どっと疲れる、だるい、体が重い、イライラが止まらない、急に不安になる、心配事が頭から離れない…そしてまた甘いものが欲しくなって…と悪循環が発生

「ペットボトル症候群」も同じように、ジュースなどで大量の糖質を摂り、糖尿病のような状態を引き起こしているそう。のどの渇きからまた甘い飲み物を求めてしまうようです。

検診でお世話になっている医師からも、「甘いものは脱水するよ!」と何度も注意を受けます。

私としては、今はほとんど甘いものがなくても大丈夫なので、「食べてませんよ♪」と胸を張って言うのですが、「たまに」でも、それくらい大きな影響を心身に及ぼすようです。

私の場合はスイーツを食べた数時間後に「喉が痛くなる」「鼻水・鼻づまり」「疲労感」「イライラ」がやって来ます…ミネラルや酵素も多く使ってしまうので、合わせ技で一気に体調不良に落ちてしまうのですね。

甘いものは体を冷やすので、クヨクヨ、悲しくなったり、同じ考えから抜け出せない負のループも関連しています。

ここで大事なのが、「自分が食べたもので変化が起きている」ことに気づき、不安感や発作に繋がらないように上手にコントロールすることが重要となってきます。

脱!スイーツ作戦

これは子どもも同じことなので、わかりやすく例を挙げると、お店で「(ジュースなど甘いものを)かって~!」と駄々をこねている子も、3日程甘いものをあげないと、「食べたい中毒」から抜けることができます。

「おやつをあげない」という意味ではなく、あげるものを変えてみればいいのです。

我が家の場合は、手作りしたり、果物やドライフルーツ、ナッツ類、焼き芋、チーズ、野菜チップスやおせんべいなどにしました。

野菜チップスは、耐熱クッキングシートにスライスした野菜を並べ、レンジで加熱して水分を飛ばし、自然海塩をパラパラふりかけたら完成。10分でできます。

チョコレートであれば、高カカオのものにしたり、「上質=栄養素の高いもの」を選んでいくと少量でも脳も心も満足して良いと思います。

具体的な例としては、食後のデザートとして、
【プレーンヨーグルト+玄米フレーク+黒ゴマアーモンドきな粉(ナッツ類)+はちみつ少々+フルーツ等】で、ミニパフェ風デザートをよく作ります。

果物やドライフルーツ、はちみつも甘いので、食べすぎには要注意ですが、白砂糖の多いスイーツを食べる状態から比べると、かなり心身への負担は減らすことができます。
子どももイライラやグズグズが減り、親子のストレスが軽減されますよ。

また、自宅で使用するお砂糖は「てんさい糖」に変えました。

ミネラルを多く含むということと、原材料が北国で採れたものなので、他のものより体を冷やしにくいそうです。

【ホット豆乳+純ココア+てんさい糖】でココアを作ったり、【ホットで甘酒+豆乳】も心が落ち着きます。

自宅で一工夫するだけで、市販品よりタンパク質やミネラルなどの栄養素を多く摂取でき、体質改善の効果が見えてくれば、他にもいろんなことにチャレンジしたくなります。

さらに軽い運動を取り入れると、メンタルも向上し、ホルモンの関係で食欲を抑えられるので、無理のない範囲からスタートしてみましょう。

【 甘いものを食べたくなったら… 】
1.たんぱく質を摂る(→『なんか食べたい』防止)
2.甘すぎない栄養のあるおやつに切り替える(→我慢しないでOK!を作る)
3.お風呂に使って冷えをとる(→クヨクヨ考えクセも断てる♪)
4.軽い運動を取り入れる(→食欲を抑える効果)

これを意識するだけで、「甘いものを食べたい」欲求が落ち着き、スイーツから距離をとることができやすくなります。

コントロールできるようになると、頂き物を美味しく頂けば満たされるようになるので、「絶対に食べない!」ではなく、一回の量を考えたり、スイーツとの程よい距離を見つけてくださいね♪

【ボイスマルシェ】「女性専用・匿名電話カウンセリング」に参加しています。

誰にも言えないあなたのお悩み、一緒に解決しませんか?匿名ですので、安心してお話ししてくださいね。一人で抱えず、しっかり辛さを吐き出していきましょう。

・辛い今の状況をわかってほしい…
・努力しているのになかなか改善できない…
・自分はどうしたら良いのかわからない…
・辛い状況を克服して、自分の人生を楽しみたい!
・不安をコントロールして前向きに生きたい!

ご相談内容は、「うつ・不安感・パニック・対人恐怖」「ご家族・お子さんに関する悩み」以外でも大丈夫ですよ。お気軽にご希望をお伝えください。

ご予約 ・最新情報はこちら

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

カウンセリングスケジュール

【 平 日 】
 9時  10時 / 21時 22時枠

【 その他 】
 不定期で9時 ~ 22時枠のご利用可能日がございます。

※変更になる場合がありますので、最新予定/ご予約は、ボイスマルシェサイトをご覧ください。

※ボイスマルシェへ新規登録をされる方は、事前にLINE登録すると2,000円分のクーポンをご利用いただけます。どなたが登録されたかこちらからは分かりませんので、お気軽にご利用ください。※

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています

上記バナーをクリックすると、「ボイスマルシェ」みやたひとみ のページが開きます

「鬱・不安・パニックから解放されたい!」あなた専用の克服プログラム スタート♪

【ボイスマルシェ】女性専用・匿名電話カウンセリングにて、私 みやたひとみ の新しい「55分カウンセリングプログラム」がスタートしました!
無理なく、楽しく、あなたのペースで実行できるようにしっかりサポートしますよ。
グリーンのボタンからボイスマルシェのオリジナルプログラムページへ移動できます↓

こんな方のお役に立てます

○「自分の心や体のコントロールができず、日常を心から楽しめない方」

・電車、バス、飛行機、車など、乗り物に乗るのが怖い
・閉ざされた空間、または特定の場所が怖い
・人と同じ空間にいられない(食事会、打ち合わせ、会議、集会など)/または一人でいられない
・彼氏、友達など、大好きな人と一緒にいても心から楽しめない
・人にどう思われているかビクビクしている
・仕事が好きなのに、大事な場面で極度に緊張してしまう
・症状が原因で転職を繰り返すことが辛い
・胸のあたりがザワザワして落ちつかず苦しい、常に不安
・不安と連動して、過呼吸や動悸など発作に襲われる
・朝起きられない、夜眠れない
・とにかく不安で悲しい
・克服する努力をしているのに改善しない
・一生このまま症状に悩まされるのは嫌

○「健康な心と体を手に入れて、自信をつけたい方」

・乗り物を利用して、旅行にも行けるようになりたい
・過去・環境・自分・相手を恨んだり悲しむ気持ちから開放され、許せるようになりたい
・新しいことにチャレンジしたい
・出会いを喜び、誰かと一緒にいることに幸せに感じられるようになりたい
・一人の時間を充実させ、これからの為に使えるようになりたい
・辛いこと、苦しいことも自分で解決できるようになりたい
・人の目を気にしたくない
・自分の人生を後悔したくない
・幸せになりたい

こんな内容です

この55分コースのカウンセリングでは、私自身の鬱・不安・パニック・対人恐怖からの完治体験をもとに、「実際に効果のあったもの」「完治につながったもの」を、カウンセリングを受ける方の「生活スタイルにあった方法」で実行していきます。

あなた自身の生活や習慣を丁寧に振り返り、克服に必要な「習慣」をあなたの生活の中に定着させたいので、メモのご用意をお願いします。
その際、「責められるのでは」と不安な方もいらっしゃると思いますが、私も含め誰にでも同じような時期がありますので、安心してお話ください。
今は完治までの「通過点」であり、自分が変わることができる「チャンス」でもありますので、上手に話そうとせず、遠慮せず、ありのままでリラックスして充実した時間をお過ごしください。

ご自身の辛い過去も含め、よりしっかり心の中の苦しいものを吐き出したい・手放したい・リセットしたい方は、沢山お話できる「110分コース」がおすすめです。
必要に応じて心理療法や行動療法なども取り入れながら、具体的に取り組める「あなた専用の克服ワークリスト」を一緒に作成しましょう。
20歳以上の女性であれば、どなたでもチャレンジしていただけます。
お子様やご家族が悩まれていてご予約いただいた場合は、できるだけ詳しい状況がわかるようにご準備・ご記入くださるとお力になれます。

一緒に心と体を元気にして、なりたい自分を実現しましょう!

※『ボイスマルシェ』は医療機関ではないため、病名の診断や薬の処方、受診中の医療の是非判断などの医療行為はできません。健康保険も適用外です。

ボイスマルシェサイトにて、スケジュール確認・ご予約はこちらからどうぞ↓

                    

【ボイスマルシェ】「女性専用・匿名電話カウンセリング」に参加しています。

誰にも言えないあなたのお悩み、一緒に解決しませんか?匿名ですので、安心してお話ししてくださいね。一人で抱えず、しっかり辛さを吐き出していきましょう。

・辛い今の状況をわかってほしい…
・努力しているのになかなか改善できない…
・自分はどうしたら良いのかわからない…
・辛い状況を克服して、自分の人生を楽しみたい!
・不安をコントロールして前向きに生きたい!

ご相談内容は、「うつ・不安感・パニック・対人恐怖」「ご家族・お子さんに関する悩み」以外でも大丈夫ですよ。お気軽にご希望をお伝えください。

ご予約 ・最新情報はこちら

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

カウンセリングスケジュール

【 平 日 】
 9時  10時 / 21時 22時枠

【 その他 】
 不定期で9時 ~ 22時枠のご利用可能日がございます。

※変更になる場合がありますので、最新予定/ご予約は、ボイスマルシェサイトをご覧ください。

※ボイスマルシェへ新規登録をされる方は、事前にLINE登録すると2,000円分のクーポンをご利用いただけます。どなたが登録されたかこちらからは分かりませんので、お気軽にご利用ください。※

安眠できる状態を作る~湯たんぽ編~

いよいよ冷え込む季節と準備を進めれば、日中は汗ばむ陽気になったり、体調管理が難しい時期ですね。
皆さん元気にお過ごしでしょうか。

今日は、私がパニック障害の「予期不安」からなかなか抜けられなかった時期から積極的に取り組んだ「冷えとり」を、生活の中で続けやすいように「湯たんぽ」を取り入れてとても良かったので、そのことについて記載したいと思います。

冷えとりの一番のおススメは半身浴でしっかり内臓まで温まってから、早めに布団に入って寝ることです。
しかし、子育て中でゆっくり湯船に浸かれなかったり、仕事で深夜になる方は睡眠を優先したいと思うので、時間がない時はお手頃価格で試せる湯たんぽは強い味方になります。

イライラ・不安は冷えからもやってくる

自分でもわかっているのに、考えたくもないのに、イライラや不安などが消えない、嫌なことばかり頭のなかをグルグルと巡っていくことはありませんか?
私はそんなときは、とにかくお風呂で「温まる」ようにしています。
別の記事でまとめたいと思いますが、内蔵が冷えていると、そのような症状(イライラなど)が現れるそうです。
実際に私は、そのようにしてやる気を取り戻したり、リセットしたりしながら、コツコツと他の改善策も実行してきました。

湯たんぽは朝まで温かいものを

湯たんぽは、小さいほうが扱いやすいのですが、その分中のお湯が冷めやすいという欠点もあります。
しかし、お子さん用、ペット用など用途によっては小さいほうが良い場合もありますね。
私自身(大人)が使う前提ですと、一般的な大きさのものが朝まで温度を保つことができ効果的だと感じました。
前日に使用した湯たんぽの栓をはずして、そのままIHで温めなおすことができるものもあります。

冷えて眠れないとき

体調が悪かったときは、とにかく寒がりで、布団の冷たさに目が覚めたり、足が冷えすぎていつまでも身体が温まらず、寝つきが悪く、すぐに目が覚め、嫌な夢にも悩まされていました。
肩こりもひどく、全身がガチガチで、つねに憂鬱でビクビク不安な日々でした。

そこで始めの頃は、足をダイレクトに温めていましたが、ある日「湯たんぽでお腹を温める」という技を知り、布団に入って、お腹に抱っこするようにして寝てみたら、大正解!
あっという間に全身がポカポカになりました☀

その後改良を重ね、次のような部位に湯たんぽを当てることが、一日の最後のご褒美タイム・楽しみになって今でも定着しています。

  1. リラックスできる体勢でお腹に抱っこする(ここで全身に流れる血液が温まります✨
  2. あお向けで、の下に入れてストレッチ(※腰痛のある人はご注意ください。横向きで腰につけて置いても良いです※)
  3. あおむけでひざを立てて、おしり&太ももの下に入れ、そのまま脚を上に置く
  4. あお向けで、背中や肩まわりの下に置いてみる
  5. その他自分が気持ちいいと思うところひざ下など)
  6. 身体が温まったら、眠る前に足元などの直接当たらないところに置く

基本的には、お腹と腰が温まる頃には全身も布団も温まっているので、足先の冷えも改善され、とても幸せな気持ちになれると思います✨

その際に注意することとして、

  • 湯たんぽを直接当てたまま寝てしまわない
  • 低温やけど …カバーを2重にしたり、長時間肌に当てないようにする
  • 脱水 …寝る前の水分補給、温めているときに喉が渇いてしまうこともあるので、枕元にミネラルウォーターなどを置いておくと良いです。
  • ペット …一緒に寝る場合は、湯たんぽが直接当たらないように配慮してあげてください
  • 腕を布団から出したり、頭だけ冷やしたり、ご自身が気持ちの良いところで調節してみてください。体調が悪いときは真夏でも湯たんぽ効果的でした。

内臓の温度を下げて眠る

安眠に欠かせないのが「深部体温を下げる」ことなので、「温めないほうが良いのでは?」と思われる方もいらっしゃると思うのですが、身体が冷え切っている状態だと温度差が生まれないのでつねに寒く体調を崩しやすい状態にあります。

そこで、日中にしっかり身体を動かした活動をしたり、お風呂や湯たんぽで温まることで、寝るときにしっかり温度を下げることができるようになり、眠りにつきやすくなります。

温まってしっかり眠れると朝すっきり目覚めるようになり、さらに体調が良くなってくると起きたときに身体が軽くなっていたり、とても嬉しかったのを覚えています。
むくみで太くなっている脚がすっきりしていたこともありました。
肌や髪のツヤにもかかわってきますね。

朝は日向ぼっこしよう

たっぷり睡眠をとるために「早寝・早起き」という言葉がありますが、実は「早起き・早寝」(起きる時間を早くする→早く寝られる)という順に実行するほうが実現しやすくなります。約15時間後に眠くなるという眠りのメカニズムから、自分が起きなければいけない時間や、眠りたい時間を考えてみましょう。

また、朝寒くて起きられない時期は、エアコンなどのタイマーで部屋を温かくしましょう。
カーテンを開けて朝の光にしっかり当たるようにすることで、目が覚め、体内時計も調整され、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンも作られます。

雨やくもりで憂鬱な日も、カーテンは必ず開けましょう。
できるだけ部屋の電気をつけて明るくしてください。
どうしても布団から出られない、目が覚めないときは、携帯のライト機能を利用して、目をつぶった状態で、目線より高いところから当ててみてください。
「太陽の光に今気持ちよく当たっている」「気持ちの良い朝」をイメージできるといいですね。

【ボイスマルシェ】「女性専用・匿名電話カウンセリング」に参加しています。

誰にも言えないあなたのお悩み、一緒に解決しませんか?匿名ですので、安心してお話ししてくださいね。一人で抱えず、しっかり辛さを吐き出していきましょう。

・辛い今の状況をわかってほしい…
・努力しているのになかなか改善できない…
・自分はどうしたら良いのかわからない…
・辛い状況を克服して、自分の人生を楽しみたい!
・不安をコントロールして前向きに生きたい!

ご相談内容は、「うつ・不安感・パニック・対人恐怖」「ご家族・お子さんに関する悩み」以外でも大丈夫ですよ。お気軽にご希望をお伝えください。

ご予約 ・最新情報はこちら

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

「貧血」していませんか?

ふと思い出したのですが、私は中学生のとき、貧血で病院にかかっていたことがあります。
しかもまだ子どもだからか、鉄剤など処方されず、改善しないまま通院を終えた覚えがあります。

今思うと、パニック障害になる大きな原因ですね。14歳でパニック障害発症なので、時期も合っています。

これはパニックだけでなく、鬱など心療系の病には一概に言えるのではと感じています。

例えば、相手とお話するとき、常に不満や不安を口にする方は顔色が青白く、冴えないのです。

ポジティブな言葉しか出て来ない人は、食や睡眠にこだわりを持ち、血色がいいのです。表情も豊かです。

パニック障害の時に、大量に薬を服用したので、あまり薬を使いたくないなぁと思っているのですが、私の場合、お医者さんとしては、食事から鉄分を摂りながら、一度お薬でも体の貯蔵鉄をしっかり増やして、安定したら服用を止めましょう、とのことでした。

普段はあまり西欧医学のお薬は出さずに、漢方薬や、食事、睡眠、運動をベースに治療をしてくださるお医者さんなのですが、必要な時には飲んだほうがいいね、と声をかけてくださったので、数ヶ月服用しました。
女性は特に貧血の方が多く、数値がかなり低い人でも慣れてしまっているため、気づきにくいそうです。

治療して貧血が治ると、身体が軽いこと!
もっと早くに治療すれば良かった!と感動したものです。
元気な人はこんなにも「軽い身体で過ごしてる」と初めて知りました。
私にとっては「地球の重力が変わった」くらいの大きな変化です。

貧血していると、動悸が出やすくなりますから、予期不安や発作に繋がりやすい状態を作ってしまいます

心の不調の方は、心専門で治療にかかられている場合が多いと思いますので、「内科」の受診からは離れていることがあります。
もし、最近血液検査をしていない人がいたら、是非、定期検診と思って取り入れてみてください。体質改善の大きな一歩になるはずです。

特に思春期の女の子、ひとり暮らしが長い人、出産経験者は要注意です。

●参考リンク
私の「パニック障害」だった頃の体験

【ボイスマルシェ】「女性専用・匿名電話カウンセリング」に参加しています。

誰にも言えないあなたのお悩み、一緒に解決しませんか?匿名ですので、安心してお話ししてくださいね。一人で抱えず、しっかり辛さを吐き出していきましょう。

・辛い今の状況をわかってほしい…
・努力しているのになかなか改善できない…
・自分はどうしたら良いのかわからない…
・辛い状況を克服して、自分の人生を楽しみたい!
・不安をコントロールして前向きに生きたい!

ご相談内容は、「うつ・不安感・パニック・対人恐怖」「ご家族・お子さんに関する悩み」以外でも大丈夫ですよ。お気軽にご希望をお伝えください。

ご予約 ・最新情報はこちら

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

電話カウンセリングはじまりました

10月より、ボイスマルシェにてカウンセリングはじまりました!

twitterにも登録完了し、これから少しずつですが沢山の方とお話できればと思っています。

実はホームページもまだ完成していないので、やることが沢山ありますが、勉強になることが多いので楽しんで頑張りたいと思います!

●参考リンク
匿名電話相談「ボイスマルシェ」